不妊になりやすい職業がある?

こんにちは。婦人科系トラブル改善専門サロンSOL代表の竹川有貴です。

結構前にアメブロに「不妊になりやすい職業って?」という記事を書いたのですが、この記事が多くの方に読んで頂いていたりリブログをして頂いていたりしていまだに私のアメブロ記事ランキングの5位以内に必ず入っています。これは多くの方が現在不妊に悩んでいらっしゃるだけでなく、これから結婚そして妊娠を考えてらっしゃる方々が不妊に対して意識が高く、不妊対策をどうにかしたい、と切に考えてらっしゃるのではと重く捉えています。

今のカラダの状態は今までの様々な積み重ねなので、一概に職業だけで決めつけてしまうわけではありませんが、実際多くの妊活中の方を見てきて、ある仕事は毎日向き合うものとしてそのカラダへの積み重ねへの影響は大きく、不妊になりやすい傾向を持つ職業はあるな、と感じてきました。

今まで私のところにご相談にいらっっしゃった方や様々な専門知識を持った方との情報交換の中で、不妊になりやすい職業だな、と思ったのは、「美容師さん」「看護師さん」「保育士さん」がベスト3かもしれません。

妊活中の方に私がよく言っている基本の部分である「早寝」「きちんとした内容の食事を3食摂る」「カラダを酷使しすぎない」のどれかに必ず引っ掛かってしまっている職業なんです。この他にも、夜勤があるお仕事、締切があり直前には昼夜かなりハードになるお仕事、立ち仕事などの方が当てはまってしまいます。

そしてもう一つ重要なのが、この職業の方々が共通してらっしゃる不妊に深く関わる「ある問題点」があります。妊活本とかにたまにさらっと書いてあるので知っていらっしゃる方も多いかもしれません。

共通している問題点は、「勤務中におトイレに行く回数の少なさ」。接客などでトイレに行きたくないからお水を飲んでらっしゃる量もすごく少ないのです。その少ない水分の中身が、水以外のコーヒー、お茶、ハーブティーと言われる方も。一日に摂っている水の量が極端に少ない方がとても多いのです。そしてそのような方のメンテナンス前のお身体を拝見すると、リンパの詰まり、むくみがあり、便秘気味、アレルギー症状が悪化したり、免疫が落ちて風邪を引きやすい、といった状態に陥っています。

カラダは時間ごとに得意とする機能が違っていて、午前中は寝ている間に溜まった老廃物をカラダの外に出したい時間なので、この午前中に充分な量のお水を飲んでしっかりおトイレに行けているかどうか、は細胞からカラダの力を上げていく基本です。それだけ新鮮なお水をカラダに入れて体内の老廃物をおトイレで出す、便で出す、汗で出す、というのはとても重要なことなんです。長年老廃物が溜まったカラダは、細胞がしっかりと持っている機能を発揮することが出来ないため、自然妊娠はもちろん、せっかく意を決して始めた不妊治療もうまくいかないことも多いです。老廃物が溜まっているカラダでは、子宮や卵子に良質な栄養が行きにくいですし、卵子も元気に育ちません。

色々とお金と時間をかけて摂り入れる前に、まず自分でやることの出来る基本的なことや改善点をしっかりとやってから、妊活を進めた方が効率的に確実に前に進められます。もし今まで上にあげたような職業で頑張ってこられていたり、ご自分の生活が当てはまるようなら、ぜひ今日から意識して老廃物セルフケアを始めていきましょう。

 

 

 

関連記事

  1. 強靭な女、ひ弱な女

  2. 女性のみなさん、台風が多いとこんなことに要注意です!

  3. 無茶して低下したカラダの力、自然に戻ると思っていませんか?

  4. 婦人科系トラブル改善の第一歩として大事なこと

  5. 毎日の何気ない生活が、あなたの人生を邪魔する?

  6. どうして季節の変わり目は、原因不明のカラダの不調が出やすいの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。