婦人科不調根っこケアサロンSOL代表
女性のカラダと心の専門家

竹川 有貴

福岡県出身。
重い子宮内膜症と低AMHを独自の身体ケアで克服→2度の自然妊娠、兄妹の母。

高校生の時からのひどい生理痛、副作用がいっぱいだったホルモン療法、不妊、産後不調という過去の自身の経験から、簡単には解決しない女性の不調をしっかりと解決していくためのケアを研究、リンパケアや五行に基づくデトックス・神経伝達・ホルモン分泌調整・東洋伝統医学と型にはまらない形でとにかく「変化」と「スピード」重視のケアにこだわる。

Myストーリー

バレエとの出会い、そして挫折

福岡県福岡市生まれ。
3歳の時ぽっちゃり解消のためという軽い目的でクラシックバレエを習い始めたが、どんどんのめり込み、小学生の時には週5回通うまでに。バレエのためだけに中学校受験をし、中学生になるとその情熱はますます強くなり毎日レッスンに通う日々。夜遅くに帰った後から勉強をする、という睡眠不足な毎日を繰り返し、しかも体形維持のために食事はあまり食べないという不規則な生活だったため、生理の開始も遅め。そして高校に入りその生活を続けているうちに様々な箇所の骨が悲鳴をあげてしまい、バレリーナになる!という夢は断念。ちょうどその頃から生理痛が悪化しだす。

残りの高校時代は夢が無くなってしまった気持ちを埋めるかのように遊びにふける日々・・・毎日ファーストフード店に入り浸り、毎晩友達と朝方まで長電話。相変らず不規則な生活を続けてしまった結果、18歳という若さで重い子宮内膜症と診断される。あまりの生理痛で学校のトイレから出られず、タクシーで家に帰らされる、ということも度々。高校卒業と共に進められるままに治療薬としてピルの服用を開始しその副作用に悩まされるが、生理痛から解放されたことで不規則な生活に拍車がかかり、大学生活では毎晩飲み会や徹夜、という生活を繰り返してしまう。

身体の異変、そして悲鳴・・・

そして就職のため福岡を離れ憧れだった大手アパレルメーカーの企画総合職に就き、男性社員に交じり毎日がむしゃらに働いているうちに徐々に体の異変を感じるようになる。生理が来ないことも増え、来ても激しい生理痛に耐えられなくなる。

毎月の生理が仕事に支障をきたすようになり、同時に原因不明の高熱や蕁麻疹など明らかに体の機能がおかしくなっていることに気づき、仕事を続けられなくなり退職。ちょうどその頃結婚したこともあり、このままじゃ絶対に妊娠できない、と自分の体をしっかり立て直そうと決心する。

その時の私は生理痛だけでなく、手足が冷蔵庫にいたかのように冷え冷えな状態で、1年中すぐに風邪を引いてしまったり、喘息気味になってしまっていた状態。子宮内膜症があることで早く妊娠することを医師に勧められるも、想像した通りなかなか妊娠しない状態が2年続く。

アロマテラピーとの出会い、念願の出産、そして産後クライシス

そんな中アロマセラピーの世界に興味を持ち、アロマセラピストの資格を取得。勉強をしていくうちに、自分の体がどんなにボロボロな状態だったのかを知り、自分自身の手でボロボロな状態にしていたことに気づき猛反省。女性の体は男性とは大きく違うこと、無理を続けると必ず機能が削ぎ落されてしまうこと、体と心が強力に繋がっていること・・・色々なことが分かるにつれて、自分の体を立て直すと共に、何も知らずに私と同じような経験をしていたり悩みを持っている女性のサポートをする仕事にいつか就きたいな、という想いを持つようになる。

自己流の体質改善により生理痛が改善し、体をしっかり立て直すことが出来てきたな、と感じた頃、やっと第一子を自然妊娠し、出産。

出産後、思いがけず産後クライシスに陥る。繰り返す乳腺炎、寝不足な日々、うまくいかない母親業。気分がなかなか上がらずすぐ涙もろくなったり、イライラしたり、毎日が無気力になってしまったり。やっと授かった命なのに、このままでは赤ちゃんに悪影響だ、と思い、藁をもすがる思いでベビーマッサージを学び始める。実践していくうちに初めての育児がぐんと楽になり、自分自身も張りつめた気持ちが緩むと同時に楽になり産後クライシスをみるみる解消。

その後、息子の原因不明の疾患を機にベビーマッサージのノウハウだけではなく、免疫メカニズムとカラダの関係性や発達心理、児童心理、産後の母親に起こる心身の変化などを学び、正式にベビーチャイルドケアスペシャリストとしての資格を取得、息子の疾患が改善したことでしっかりと世に広めていきたいと決意し、公共施設で自分の子供をモデルにベビーマッサージ講師をスタートさせる。

30歳の私の卵巣年齢は、43歳・・・

第二子の妊活を始めたころ、検査に行った際に低AMHと診断され30歳だった当時の私の卵巣は43歳の卵巣機能だと告げられ、過去の無茶な生活を改めて後悔。卵巣機能を上げることや、子宮内膜症を悪化させずに妊娠力を高めることを独自の方法で自分に必要な形で進めていき、多少苦労するも妊活1年で第二子を自然妊娠。

第二子出産後は産後も順調に回復し、女性の体をサポートするための仕事を就くため新たにリンパケアスペシャリスト、ホットストーンセラピスト等の資格を取得すると共に技術を追求するために様々な技術者の門を叩き学ばせてもらいつつ、東洋医学の観点からも学びと技術を深め、2014年に満を持して自身の初のサロンをオープンさせる。

サロン業の傍ら、現在都内の様々な区の子育て支援としてベビーマッサージ講師を務める講座は満席が続いている。

 

妊活のクライアントが増えたのをきっかけに、ケアでの「確実さ」「変化」「スピード」をより重視し、デンマーク式のフェイシャルリフレクソロジーの技術を導入。知らずに積み重ねた悪影響をしっかりデトックスして「根っこ」から女性の体の機能を高めて、女性人生をもっと豊かにポジティブにまっとうしてもらいたい、という信念のもと、日々女性の身体の学びを深めている。

資格一覧

  • アロマセラピスト取得
  • リンパケアセラピスト取得
  • ホットストーンセラピスト取得
  • デンマークソレンセン式コロンリンク取得
  • デンマークソレンセン式健康な赤ちゃんと健やかな妊娠のためのリフレクソロジー(デトックス)取得
  • ベビーチャイルドケアスペシャリスト取得
  • 区の施設、認可保育園での子育て支援事業としてベビーマッサージ講師としても活動

実績

2014年に女性向けプライベートサロン「SOL」をオープン。

カウンセリングに重きを置いて1人1人のケアにじっくり向き合う1日に2人限定のサロンながら、サロンでの施術総数は2018年の5月時点で2000人を超え、新規の方のリピート率9割を超えるため新規予約の受付をストップさせることも度々。

過去、改善した症例

【不妊治療/妊活】

  • 不妊歴4年子宮内膜症を持っていた30代半ばの方がケア1年後に自然妊娠
  • 不妊歴3年卵巣腫瘍を持っていた30代半ばの方がケア7ヶ月後に自然妊娠
  • 不妊歴1年原因不明不妊の30代前半の方がケア6ヶ月後に自然妊娠
  • 不妊歴3年過去体外受精がうまくいかなかったチョコレート嚢胞を持っていた30代半ばの方がケア1年3ヶ月後に体外受精成功
  • 不妊歴2年原因不明不妊の30代後半の方がケア9ヶ月後に自然妊娠

【その他症例】

  • 原因不明の耳鳴りの40代前半の方がケア3ヶ月で好転
  • 重い生理痛をお持ちの20代後半の方がケア4ヶ月で生理痛が解消
  • 子宮頸がんの疑いがある30代前半の方がケア3ヶ月で子宮頸がん検査をクリア
  • 産後から体調不良に悩まされていた30代後半の方が4ヶ月でPMS(生理前の心身の不快症状)と生理周期が安定し、産前よりも体調が好転
  • 生理がほとんど周期的に来たことが無かったアスリートの30代前半の方がケア6ヶ月で生理周期が安定

その他、花粉症などのアレルギー症状の緩和や生理前の吹き出物解消、育児中の心身の揺らぎ解消、夜勤のある方のホルモンバランスケアなどのお手伝いをしてきました。

お客様の声はこちら

About Me -わたしについて-

竹川有貴

竹川有貴(たけかわ ゆうき)
婦人科不調根っこケアサロンSOL代表
女性のカラダと心の専門家

福岡県出身 重い子宮内膜症と低AMHを独自の身体ケアで克服、2度の自然妊娠。二児の母

リンパケアや五行に基づくデトックス・神経伝達・ホルモン分泌調整・東洋伝統医学と型にはまらない形でとにかく「変化」と「スピード」重視のケアにこだわる。
不妊・子宮内膜症・生理不順・プレ更年期・産後からの不調といった何をしても変わらなかった女性の「根っこケア」で不調改善率9割を超える。