毎日の何気ない生活が、あなたの人生を邪魔する?

こんにちは。婦人科系トラブル改善専門サロンSOL代表の竹川有貴です。

みなさんは自分がどれだけの「有害物質」をカラダに摂り入れているか、意識したことありますか?

実は日本は、先進国でありながら、農薬や防腐剤、添加物、その他のカラダへの有害物質の基準が、他の先進国に比べてとてもとても低いんです。これは食べ物だけではなく、肌に直接使うシャンプーやトリートメント剤や石鹸、化粧品も同じく、先進国としてはかなり甘い基準となっているのが現状です。。。

そしてそれに加えて都会に住んでらっしゃる方は重度の大気汚染もありますし、PM2.5も問題になっています。その上、頭痛、生理痛、風邪、花粉症、体調管理のためのサプリメント・・・簡単に薬を飲み、そしてそれを続けている方がとても多いです。

あらら、、、私達の周りには有害物質だらけ!

ということは、毎日普通に生活をしているだけでも、かなりの有害物質を溜め込んでいっていることになってしまうんですよね。

食事は毎日3食摂りますし、24時間呼吸をして空気を吸ってますし、毎日お風呂に入って清潔にするし、女性なら毎日朝晩お肌の手入れもします。

これを毎日続けていると、すごい積み重ねになっていることがイメージ出来ますよね。

そしてまた厄介なことに、体内に入った有害物質はよっぽど意識した生活をしていないとなかなかすぐにはカラダの外には出てくれませんし、どうしても完全に外に出しきることは出来ず蓄積されていってしまうんです。

でも、これは普通なことではないんですよ!

カラダに溜まった有害物質は「老廃物」としてカラダのあちこちで細胞の働きを邪魔してしまいます。これ、実はすっごくまずいことで、冷え、不妊、生理痛、アレルギーやアトピー、風邪をひきやすい、疲れが溜まりやすい、最終的にはガンにだって影響してしまうほど、私達が生きていく上で様々な悪さを引き起こしてしまうんです。

と、ちょっと怖い話をしてしまいましたが、決して大げさな話ではないんですよね。

じゃあどうすべき?

一番はやっぱり「有害物質を体内に入れないこと」です。

「ロハス」という言葉が流行り始めたころ、私は自分のカラダを改善することに必死でしたが、それと同時に「忙しいのに手間ひまかかるロハスな生活なんて出来っこないよーーー涙」とよく言ってました。(ぶっちゃけますが笑)

今の生活がどれだけカラダに悪影響なのか、ロハスがなぜカラダにいいのか、そんなことが本当には理解出来てなかったのかもしれません。確かに手間ひまかける丁寧な暮らしは、忙しい現代人には非現実的でかなり至難の業かもしれません。

ただ意識できることはあります!

●食事では外食や総菜、インスタント食品の回数を減らす。無農薬の野菜を選ぶ。肉魚乳製品の質にはこだわる。出来るだけ家で手作りをする。パンや麺より米を食べる。

●皮膚からの吸収はとても大きいのでシャンプーや石鹸、化粧品の質を上げる。

●薬を簡単に飲まないでもいい身体作りをする。(意外とこれは簡単ですよ!)

でも、やっぱり完璧な生活は無理ですし、お金や体力とのバランスもありますよね。

日々体内に蓄積していってしまう有害物質と、これまでたんまり溜め込んでしまった有害物質には、やっぱり「カラダの外にしっかり排出する」ことがとっても大事になってきます。いわゆるデトックスです。

きちんとしたデトックスをすると、免疫が上がったり、疲れにくかったり、肌がツヤツヤになる、ということを体感する方が多いのは細胞が本来の力を取り戻しているからなんですね。

今まで多くの婦人科系トラブルの方と接してきた私としては、男女関係なく、30代になったら1回はしっかりとしたデトックスをして頂きたいところ。それくらい今の方々は老廃物が溜まっていることが根底にあることで調子を崩してしまっています。

ただ、デトックスと言っても色んな形がありますよね。しっかりとカラダに積み重ねて蓄積してしまったものを排出するには最低5週間、症状によってはそれ以上かかることもあり、本当に並大抵のやり方では変化を実感するレベルには至らなかったりします。せいぜい便秘が解消するくらいかもしれません。(便秘が解消することはとっても大事ですが!)

デトックス、やるんだったらしっかりと!(何だか五七五みたいになってしまいました笑)

これがデトックスをしっかり成功させて、カラダの力を上げていくために大事なポイントになります。

出来るだけ多くの方が自分のカラダの力を上げていくことが出来ますように。

 

 

 

 

関連記事

  1. 私達女性なら誰でも起こりうる婦人科系トラブル

  2. 諦めた時に妊娠する?!

  3. 女ならではの調子が落ちる時期を知っておこう!

  4. 【お客様の感想】行き詰っていた妊活が前向きに

  5. 強靭な女、ひ弱な女

  6. 婦人科系トラブル改善の第一歩として大事なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。