女ならではの調子が落ちる時期を知っておこう!

こんにちは。婦人科系トラブル改善専門サロンSOL代表の竹川有貴です。

みなさん、女性にはものすごくカラダの調子が悪くなりやすい「時期」があるのを知ってますか?

ある説では、7の倍数の歳になると不調が出やすいなんて言いますが、これも色々調べてみると一理あるんです。28歳くらいで今までの無理がちょっと辛くなってきたり、35歳でカラダやお肌がガクンと落ちた感覚を持つ方が増えたり。42歳ではカラダやお肌のパワーがより一層落ちて表面に出てきやすくなり、メンタルも不安定になりやすくなったり・・・。

ね、これ、結構当てはまるんですよねー!

ただこれはごく普通の過ごし方をした方の一般的な話で、ストレスフルな生活や睡眠負債を抱えている方、毎日へとへとになる生活を続けている方は、この通りではありません!

何て言っても私がそうでしたから(汗)。睡眠負債抱えまくり、ジャンクフードや外食摂りまくり、お酒を浴びるように飲み、終電まで働くことが多かった私は、あっという間に子宮内膜症になり、不正出血しまくり、その後不妊という道を10代後半~20代後半の間にたどることになるんです。(話すと本当に長くなるので、詳しくはプロフィールを読んでみてくださいね。)

なので、一番大事なのは日々の生活の積み重ねをどうしていくか、というのは言わずもがななんです。もし、自分の今の生活、今までの生活で思い当たるフシがある方は、まず生活自体を今すぐにでも見直すことを心底おすすめします!!

それとは別に、女としてとても調子が悪くなる時期がある、ということもぜひ多くの女性に知ってもらう必要がある、と思ってるんです。

女性ならではの不調が出る時期を事前に知っていれば、しかるべき対応をすぐにしやすいので不調がこじれる前に早期に解消しやすいだけでなく、変に落ち込むことも焦ることもネットで調べまくることなく前に進めるって忙しい私達女性にとってはとても大きなメリットなんです。調子が悪くなると、ネットで調べる時間って結構な時間を費やしてますよね?

今日は教科書的な知識だけでなく、これまで幅広い年齢の女性の不調を見てきた私の経験もプラスして、「女性ならではの不調が出やすい時期」をみなさんにお伝えしますね!

その女性ならではの不調は

年齢軸で見ると

  • 初潮が始まってからの10代→ホルモンバランスがまだ不安定だったり、睡眠不足や冷え、部活などの過度なスポーツで、生理痛や生理不順、無排卵が起こりやすい。
  • 20代後半→自分のヘルスケアよりビューティーケア優先の意識だったり、仕事が多忙をきわめストレスフルなため、子宮内膜症や生理痛を起こしやすい。
  • 35歳前後→ほうれい線や目じりの小じわ、眉間のシワ、髪のパサつきなど表面的な肌や髪の衰えが一気に出てきたり、今までと同じことをしていても「今までとは違う」カラダの変化である、風邪を引きやすい、アレルギー症状が出だした、寝起きが悪い、生理周期が乱れるようになった、経血量が増えたり減ったりした、イライラがとめられなくなることが増えた等が出てきやすい。
  • 43歳→更年期のような症状がぽつぽつ出だすプレ更年期。生理が遅れる、生理が早く来る、2,3か月生理が来ない、汗が止まらない、睡眠の質が落ちる、イライラや落ち込みが酷くなる。

 

これ以外に注意すべきなのは、

  • 産後~乳児・幼児を育児中→産後のホルモンバランスは更年期の何倍も激しく乱れていると言われるくらいの劇的な状態。落ち込んだりイライラしたり、髪が薄くなったり、シミが突然濃く出てきた、一気に老け顔になった、といったことは当たり前。産後にしっかりと対策を取らないままカラダに負荷をかけ続けていると、症状がズルズル続いてしまう。

 

といった感じです。

では、こんな女性ならではの不調が出た時、その都度表面的な症状に対してのケアをしていては根本的な解決になっていません!シミが出来たからレーザーで消す、とか、アレルギー症状を抑えるために抗アレルギー剤を飲む、とか、生理痛に鎮痛剤を飲む、とか、イライラを抑えるためにとりあえずハーブティーを飲む、とか。

こんな時はやっぱり女性ならではの不調を引き起こす要因に直接アプローチが一番。つまり、女性ホルモンバランスを整えてあげたり、その働きを邪魔している自律神経のアンバランスを整えてあげたり、といったことがとても大事です。

遠回りのように思えますが、きちんとカラダに合った形でやってあげれば実は即効性もあるんですよ。今までクライアントさん方を見ていても、特にメンタル面はすぐに変化が出やすいですし、こじれる前の状態なら改善に時間はそうかかりません。そんなクライアントさん方の変化を見ていて、カラダの中でこじれてしまった状態になるまでほったらかしにしないことがポイントだな、といつも思います。

そして今の症状の解決だけでなく、今後訪れる女性ならではの不調を「未然に予防できる」「症状の軽減に繋がる」というのも、とても大きなカラダへの投資だと言えますよね。結局女性ホルモンバランスや自律神経バランスをしっかり整えてあげることは、一旦カラダを大きくリセットして良い歯車に乗せてあげるようなものなんです。

もし、あなたが上に挙げたような症状で悩んだり苦しんだりしているなら、一回女性としての自分のカラダを客観的に見つめ直して、女である自分のカラダが本当に求めている対策をしてあげませんか?そんな女性としてのカラダを先を見据えて根っこから立て直すお手伝いを施術やカウンセリングを通して、これからもご提供していこうと思っています。

 

 

 

関連記事

  1. 女性のみなさん、台風が多いとこんなことに要注意です!

  2. 強靭な女、ひ弱な女

  3. 婦人科系トラブル改善の第一歩として大事なこと

  4. どうして季節の変わり目は、原因不明のカラダの不調が出やすいの…

  5. 私達女性なら誰でも起こりうる婦人科系トラブル

  6. 生理痛、PMS、不妊、肌荒れ…こんなお悩みに共通する2つの特…

コメント

    • みゆ
    • 2018年 10月 18日

    とても参考になりました!
    通り過ぎた年齢はまさにその通りで、これから来る年齢がちょっと怖くはあるのですが、今回事前に知れたので、色々気をつけていきたいと思います♪

      • solyuki
      • 2018年 10月 26日

      みゆ様
      コメントありがとうございます!気づいた時からまた変えていきましょう(^^)意識が大切ですから♪これからも女性の方々の気づきになれるような記事を書いていきますので、また覗きにきてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。