よもぎ蒸しって、どこも同じじゃないの?

こんにちは。婦人科系トラブル改善専門サロンSOL代表 竹川有貴です。

最近、クライアントさんに「よもぎ蒸し」の温まり方がすごい!という声をよく頂きます。福岡もだいぶん寒くなってきました。よもぎ蒸しがめちゃくちゃ身に染みて気持ちいい季節ですよね!クライアントさん方は、お帰りになる時も手足までしっかりポカポカ、お顔もとても血色良い状態で、コートを着ないで帰られる方も!(冷える前にちゃんと着てくださいね、とお伝えしていますが(^-^;)

でもそのよもぎ蒸しですが、「どこでも同じ」って思ってませんか?

サロンで使用しているよもぎには、とてもこだわっている私。そのワケは、カラダケアは技術は言わずもがな、ですが、使う材料によってカラダへの影響力がかなり違ってくるからなんです。どうせカラダをケアするなら、中途半端ではなく、ちゃんとしっかり変わりたいですよね。ましてや大事なカラダをケアする時に、カラダに悪影響なものをこっそり使用されていたとしたら…カラダの悩みが改善するどころか新たな不調やトラブルのもとになりかねないという事態にも。エステに行ったら肌荒れした、とか、よもぎ蒸しに行ったら排卵が狂った、とか聞くのは、原因は他にも色々あるかもしれませんが、使用している商材は確かだったのかな、と気になることがあります。

例えば先ほどのよもぎ。よもぎ蒸しはカラダの中で一番吸収力がある膣や肛門などの下半身の粘膜に直接充てていくんです。二の腕の内側の皮膚からの吸収に比べ、その吸収力は42倍!!驚きの吸収力を持つんです。もちろん、下半身の粘膜からだけでなく、血行が良くなることでの全皮膚表面からの吸収も時間差であるので、よもぎ蒸しがその成分を体内に効率的に摂り入れることが出来るんですね。

じゃあ、その効率的に体内に摂り入れることが出来るよもぎ蒸しで、質の悪いよもぎを使っていたら?そうです、その悪い部分もダイレクトに吸収してしまうんです。例えば農薬や、よもぎ以外の雑草が多いパターン、そして過去私が経験したよもぎに付いていたカビ。そんなカラダに微妙なものや悪影響なものを体内に入れていては、本末転倒!その瞬間は温まって気持ちよくいられるかもですが、カラダの不調改善どころか違う不調が出てくることも否定できません。それだけの影響力をよもぎ蒸しは持っているものなんです。

よもぎは、温浴効果、自律神経作用、抗酸化作用、リラクゼーション作用、抗炎症作用、殺菌作用、デトックス作用と、女性の不調と美容にとって、とても強い味方になる成分を含んでいます。きちんと質の良いよもぎを使用していて、ご自分によもぎのアレルギーがなければ、不調改善や体質改善、美しさのためにもよもぎ蒸しは本当に受けて頂きたいケアです。ただ、「よもぎ蒸し」というワードに飛びつくのではなく、使われているよもぎの質にしっかりこだわってみてくださいね。

体験ケアでもしっかりよもぎ蒸しを受けて頂けます♪

 

関連記事

  1. 女性のみなさん、台風が多いとこんなことに要注意です!

  2. 婦人科系トラブル改善の第一歩として大事なこと

  3. 毎日の何気ない生活が、あなたの人生を邪魔する?

  4. 不妊治療は、本当に悪?本当にいらない?

  5. 不妊になりやすい職業がある?

  6. 無茶して低下したカラダの力、自然に戻ると思っていませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。