婦人科系トラブル改善の第一歩として大事なこと

こんにちは。女性のカラダと心の専門家 竹川有貴です。

私のサロンは昔から「女性限定」なのですが、いらっしゃるお客様は「女性特有」の様々な症状をどうにかしたい、とサロンのドアを叩かれます。以前、東京新宿でやっていた時はあまりにも不妊の方からのお問い合わせが多い状況から「不妊専門サロン」として活動していた時もありましたが、女性特有のトラブルはもちろん不妊だけではありません。不妊以外だと、例えば

  • 生理痛がひどくて毎回鎮痛剤を飲んだり、寝込んだりしている。または日常生活に支障がある。
  • 子宮内膜症や子宮筋腫を持っていて、薬やホルモン治療ではないケアをしたい。
  • 産後以降、以前のように身体が動かない、またメンタルが落ち込んだりイライラすることが増えた。
  • 年々、生理前のイライラや落ち込み、下腹部痛、偏頭痛、肌荒れがひどくなっている。
  • 35歳前後から以前よりも急激に疲れやすくなった。また、風邪を引きやすくなったりアレルギー症状が出だした。
  • 生理周期が早まったり遅れたりバラバラになってしまい、戻らない。
  • 更年期の年齢ではないのに生理が止まってしまった。
  • 落ち込みやイライラ、ホットフラッシュ、不眠など更年期症状が出てきた。
  • 高校生の娘さんが生理痛がひどく、どうにかしてあげたい。

・・・例を挙げられないほど様々な多くの女性特有の不調のご相談を頂きます。「不妊」「生理痛」「PMS」PMS「産後の心身トラブル」「プレ更年期症状」「更年期症状」「生理不順」「思春期の生理トラブル」といった症状は、女性であれば珍しいことではありません。むしろ、どの女性でも起こりうる症状なのです。

これを書いている私も、実は結構な女性特有のトラブルを経験しています!(話せば長くなってしまいますので、ご興味がおありでしたらぜひプロフィール欄を覗いてみてください。)これらの女性特有のトラブルは、よくあることなだけに未だに社会的に軽視されがちですが、当事者としてはとても辛いものです。しかも即効性のある対応策がなかなか無いもの事実です。薬やホルモン治療がよく使われますが、根本的な改善がなかなか進まない上、副作用に苦しまれている女性も今まで沢山見てきました。

この女性特有のトラブルは、症状が出てしまっていたらそれなりの特別な対策をしていく必要があります。この時、藁にもすがる思いでネット上で書かれている様々な改善策をやってみたが、なかなか改善しなかった!という方も多いのではないでしょうか?これは女性特有のトラブルの大元の部分、つまり不調の根っこの部分が人それぞれ違っているからなんです。他人の不調の根っこに働きかけられた方法でも、自分の不調の根っこには働きかけられてない、というのが改善しなかった理由です。

逆に言うと、この自分の婦人科系トラブルを引き起こす原因になっている根っこの部分をしっかりと見つけ、その対策を正しくきちんととれば、必ず改善へとカラダは動きだす!と言えます。これまで何をしても改善しなかった頑固な婦人科系トラブルに悩まされてきたお客様方が、一歩一歩カラダが変わり症状が変わり改善に向かうことが出来た秘訣は紛れもなくこの根っこへのケアによるものだと言えます。そしてこの不調の根っこの部分は、今に始まったものではなく、ご自分の今までの毎日の積み重ね、つまりご自分の今までの人生が映し出されていたりします。不安を感じやすい方、イライラしやすい方、心配性の方、外食が多い方、慢性的に寝不足な方、いつも頑張りすぎる方、他人に気を使いすぎる方、添加物を摂取しがちな方・・・まだまだ沢山ありますが、例えばこんな部分から女性のカラダは敏感に反応し、ストレスを溜め込んでいってしまうのです。

ぜひ、今、不妊や生理痛・PMS・産後不調・生理不順・プレ更年期や更年期症状など婦人科系トラブルを少しでも感じている女性の方々は、ネットで検索をかける前に、まずはご自分の不調の「根っこの部分」は何なのかに意識を向けてみてください。改善への第一歩はここからです!

 

 

関連記事

  1. 不妊治療は、本当に悪?本当にいらない?

  2. 生理痛、PMS、不妊、肌荒れ…こんなお悩みに共通する2つの特…

  3. どうして季節の変わり目は、原因不明のカラダの不調が出やすいの…

  4. 女ならではの調子が落ちる時期を知っておこう!

  5. 無茶して低下したカラダの力、自然に戻ると思っていませんか?

  6. 女性のみなさん、台風が多いとこんなことに要注意です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。